入試情報

グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



入試情報

奨学生入試

ネット出願

奨学生入試のここがポイント!

奨学生308名の授業料減免
授業料の全額免除(A合格)、半額免除(B合格)対象者を選抜する入試です。
全学部で合計308名(A合格85名、B合格223名)の奨学生を選抜します。
一般合格のチャンスもあり
奨学生として合格しなかった者でも、試験成績が良好な者は一般入試免除者として認定し、一般入試の合格者と同じ扱いを受けることができます。
教科型の同時出願可
試験は、学部学科より5教科型、3教科型、2教科型、文系型、理系型、実技型があり、選択できます。教科型の同時出願も可能です(追加料金なし)。
教科ごとに合否判定を行うため、合格のチャンスが広がります。
複数学科の併願可能
全学部統一入試のため、1回の入試で複数学科の併願が可能です。
ただし、受験科目によっては、併願できない学科もあります。
キャンパス以外の県内別会場でも受験可
各キャンパス(静岡[瀬名・水落]・浜松・富士)に加えて、浜松駅前・沼津の県内別会場でも受験ができます。どの学科を志願しても、最寄りの会場で受験できます。

奨学生の特典

奨学生の特典
拡大する

検定料・出願書類

●検定料

30,000

●出願書類

  • ①入学志願票
  • ②調査書
  • ③音楽実技録画審査用DVD(教育学部 初等教育課程 実技型選択者のみ)

出願資格

以下のいずれかに該当する者。

  • 高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び平成30年3月卒業見込みの者
  • 通常の課程による12年の学校教育を修了した者平成30年3月修了見込みの者
  • 特別支援学校の高等部又は高等専門学校の3年次を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  • 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者(12年未満の課程の場合は、さらに指定された準備教育課程又は研修施設の課程等を修了し、平成30年3月31日までに18歳に達する必要がある)
  • 外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格し、平成30年3月31日までに18歳に達する者(12年未満の課程の場合は、さらに指定された準備教育課程又は研修施設の課程等を修了する必要がある)
  • 日本において、外国の高等学校相当として指定した外国人学校を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者で平成30年3月31日までに18歳に達する者(12年未満の課程の場合は、さらに指定された準備教育課程又は研修施設の課程等を修了する必要がある)
  • 高等学校と同等と認定された在外教育施設の課程を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  • 指定された専修学校の高等課程を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
  • 旧制学校等を修了した者
  • 国際バカロレア、アビトゥア、バカロレアなど、外国の大学入学資格の保持者で、平成30年3月31日までに18歳に達する者
  • 国際的な評価団体(WASC、CIS、ACSI)の認定を受けた外国人学校の12年の課程を修了した者で、平成30年3月31日までに18歳に達する者(CISの旧名称であるECISの認定を受けた外国人学校の12年の課程を修了したものについても入学資格が認められます)
  • 高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格した者
  • 本学において個別の入学資格審査により認めた者で、平成30年3月31日までに18歳に達する者

入試日程

入試日程

※上記募集人数(奨学生)とは別に試験成績が良好な者は一般入試免除者として認定し、一般入試の合格者と同じ扱いを受けることができます。

※奨学生の選抜は一定の試験成績基準を設けているため、合格者数が上記の募集人数に満たない場合があります。

拡大する

試験科目

入試科目一覧

時間割

時間割
  • ※2時限目以降の受験者は、受験科目の試験開始20分前には集合してください。
  • ※3時限目の地歴・公民,理科および4時限目の数学①・数学②・造形実技は同一時間帯の選択科目であるため同時に受験できません。
  • ※造形学部の鉛筆デッサンは静岡キャンパス瀬名校舎のみで行われます。
  • ※選択した教科型にかかわらず試験当日は最大4教科受験することが可能であり、選択科目は高得点の科目を合否判定に利用します。
拡大する

2017年度入試結果

2017年度入試結果

※詳細は「平成30年度 入学試験要項〔全学部統一入試〕」で必ずご確認ください。

拡大する

入学手続き

合格者は入学手続き(1次手続・2次手続)期間内に、手続き書類の提出及び学費の納入を完了してください。

※各々の期間内に完了しない場合は入学を放棄したものとみなします。

入学手続期間(消印有効)
1次手続(一括納付または入学金のみ納付) 2次手続(授業料等納付)
平成29年12月25日(月)~平成30年2月28日(水)

平成30年3月1日(木)~平成30年3月12日(月)

※2次手続を希望する方は1次手続期間内に入学金の納入と延納願の提出が必要です

  • ※他大学の受験のために納付金の一部延納を希望する者は【1次手続】として入学金のみを平成30年2月28日(水)までに納入し、同時に「入学金を除く授業料等延納願」を提出すれば、残りの納付金および提出書類は3月12日(月)まで延納を認めます。
    その後、本学へ入学することを決めた場合は、【2次手続】として3月12日(月)までに残りの授業料等を納入し、定められた提出書類を提出してください。
  • ※入学時納付金を振込後、事情により入学を辞退する場合は、平成30年3月31日(土)までに入学辞退を入学センターへ申し出てください。 (窓口・電話での申し出は月~金曜日の9:00~17:00の受付です。土・日・祝祭日・休校日は窓口および電話での受付はできません。なお、締切当日の申し出はE-mail・FAXのみの受付で24時までとします)。入学センターへ申し出て、所定の手続を指定された期間内に済ませた場合に限り、入学金を除き返還いたします(入学金はいかなる理由があっても返金できません)。
    なお、平成30年4月1日(日)以降の辞退は退学扱いとなり、入学時納付金はいかなる理由があっても返金できません

TOP