入試情報

グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



入試情報

入試Q&A

AO入試・推薦入試・特別入試について

AO入試の受験を考えています。体験授業へ参加するには予約やエントリーが必要ですか?
静岡キャンパス瀬名校舎で開催される外国語学部、造形学部の体験授業には事前のエントリーが必要です。詳細は「2018 AO入試ガイド」をご覧ください。浜松キャンパス、富士キャンパスで開催される体験授業は予約は必要ありません。ただし、体験授業受講の際、エントリーシートの提出が必要ですので、事前に記入し準備しておくことをお勧めします。

※AO入試ガイドおよびエントリーシートはこちらから請求またはダウンロードできます。

AO入試や推薦入試で、専願とされている入試を受験する場合、他校との併願はできますか?
専願の入試については他校との併願や学内併願もできません。専願とは当該入学試験に合格した場合、必ずその合格学科に入学することを前提に志願することをいいます。推薦入試において、他校との併願を希望する場合は自己推薦入試を受験するか、推薦入試ではなく全学部統一入試を受験してください。
一般推薦入試と自己推薦入試の違いは?
一般推薦入試は大学が求める出願条件を満たし、高等学校長の推薦書が必要ですが、自己推薦入試は推薦書は必要ありません。
本学の場合一般推薦入試は専願となりますが、自己推薦入試は他校との併願が可能です。
自己推薦入試は出願資格として調査書の評定平均値の条件がありませんので、自己推薦書に基づき、自分の持つ能力をアピールしてください。
自己推薦入試は他校との併願ができると書いてありますが、学内併願もできますか?
同じ試験日に学部ごと入学試験を行うため、複数学科の学内併願はできません。
別日程となる他の入試には出願可能です。
一般推薦入試の受験を考えていますが、評定平均値が条件に達しない場合は出願できませんか?
一般推薦入試には3つの種別があります。学力推薦や専門学科・総合学科推薦の基準に満たない場合は、特別能力推薦での出願が可能な場合があります。それにも満たない場合は、評定平均値の基準がない自己推薦入試への出願を検討してください。ただし、出願資格に該当していることが条件となります。
一般推薦入試に3つの種別がありますが、どれを選択すればよいですか?
募集人数の8割以上を学力推薦枠としているため「学力推薦」を選択する受験生は多いですが、高校で学んだ専門性を活かす「専門学科・総合学科推薦」、スポーツや文化活動、ボランティア活動、資格取得等で優れた実績や資質がある方はそれを活かす「特別能力推薦」を選択することもできます。
各学科、種別ごとに合否を判定しますので、それぞれの能力を活かし、自分にあった種別を選択してください。
推薦入試と特別入試における小論文の内容は?
小論文の内容は学部によって異なりますが、出題方式は全学部・学科共通で資料提示方式となります。資料に対する正確な読み取り、自分の考えをきちんと書けるよう対策を立ててください。
外国語学部のAO入試・推薦入試における英語外部試験のスコア等の具体的な活用方法は?

下記のとおり英語外部試験のスコア等に応じた点数を面接点(100点)に加点します。(加点は満点を限度とする)
複数の資格およびスコア保有者については加点の高いものを一つ採用します。

加点 実用英語検定 GTEC CBT GTEC for STUDENTS IELTS TEAP TOEFL-iBT TOEIC
20点 準1級 1000 675 5.0 295 60 600
15点 - 920 620 4.5 230 50 500
10点 2級 760 520 4.0 205 45 450

なお、団体試験(TOEIC-IP、TOEFL-ITP、GTEC for STUDENTSの通常スコア)のスコア提出も認めます。
ただし、志願者の在籍する高校が実施団体の場合のみ認められます。

実技試験内容について

教育学部 初等教育課程 実技型を志願する場合の音楽実技の内容は?
推薦入試と特別入試(帰国生・社会人)で行われる音楽実技試験の内容は以下のとおりです。
なお、それ以外の入試においては音楽実技審査用として事前にDVDに録画を行い提出していただきます。(実技型を選択する受験者)

次のピアノと声楽、及び管弦打楽器の組み合わせから一組を選択して受験してください。

[一般推薦入試]...本学で演奏
〈組合せ記入コード:1(A+C)、2(A+D)、3(A+E)、4(A+F)、5(B+C)、6(B+D)、7(B+E)、8(B+F)、9(C+E)、10(C+F)、11(D+E)、12(D+F)〉

[奨学生入試・一般入試[前期日程・後期日程]・センタープラス入試・センター試験利用入試[前期日程・後期日程]...録画審査用DVDを提出
〈組合せ記入コード:1(A+C)、2(A+D)、3(B+C)、4(B+D) 〉

[帰国生入試・社会人入試]...本学で演奏
〈組合せ記入コード:1(A+C)、2(A+D)、3(B+C)、4(B+D)〉

ピアノ A モーツァルトまたはベートーヴェンのソナタの中から任意の1曲を選択し、その第1楽章もしくは終楽章を演奏する。
なお、次の曲は除外する。
●モーツァルト K.475、K.545
●ベートーヴェン Op.13、Op.27-2、Op.49-1、OP.49-2、Op.79
B ソナチネアルバムNo.1より、ソナチネの第1楽章または最終楽章のいずれかから任意の1曲、
または、ツェルニー30番練習曲の中から任意の1曲を選択し、演奏する。
声楽 C 次の歌曲より任意の1曲を選択し、原語で歌唱する。
●Sebben crudele(A.Caldara)
●Caro mio ben(G.Giordano)
●An die Musik(F.Schubert)
●浜辺の歌(成田為三)(2番まで)
●荒城の月(瀧廉太郎)(2番まで)

※〔本学で演奏する場合〕調性は自由。伴奏者は本学で用意する。なお、声楽の伴奏用楽譜を願書とともに提出すること。(コピー可)

D コンコーネ50番の10,11,12番から1曲を選択して歌う。母音、階名唱のどちらでも良い。
楽譜は「コンコーネ50番 全音楽譜出版」を使用する。

※〔本学で演奏する場合〕調性は自由。伴奏者は本学で用意する。なお、声楽の伴奏用楽譜を出願書類に同封すること。(コピー可)

管弦打楽器 E 選択した個々の楽器用の独奏曲集(編曲されたものでも良い)の中から任意の1曲を選択し、無伴奏で演奏する。

※伴奏付きの楽曲でも無伴奏で演奏する。また、当日演奏する楽曲の楽譜(伴奏のある曲は伴奏譜付きで)を出願書類に2部同封すること。(コピー可)

F 下記のα)β)のどちらかを選択し、指定の方法で演奏する。
α)スネアドラム ・3つ打ちと5つ打ちを演奏した後に、練習曲の中から任意の1曲を演奏する。
β)マリンバ ・マリンバ用の独奏曲集(編曲されたものでも良い)の中から任意の1曲を選択し、無伴奏で演奏する。

※上記のα)β)共に、当日演奏する楽曲の楽譜(伴奏のある曲は伴奏譜付きで)を出願書類に2部同封すること。(コピー可。)

※すべて暗譜の必要はありません。

※すべての楽曲の繰り返しは、省略して演奏してください。

管弦打楽器を選択して受験する場合の大型楽器貸与について

本学で準備できる楽器は以下の通りです。
それ以外の楽器は持参してください。 なお、楽器を借用する場合は出願書類提出時に楽器名を書いた書面を同封すること。
(楽器の台数に限りがあります。共同使用をお願いすることがあります。)

〈管楽器〉チューバ(Bb)※ただし、マウスピースは受験生自身で用意すること。

〈弦楽器〉コントラバス ※ただし、コントラバス用の弓は受験生自身で用意すること。

〈打楽器〉マリンバ(C4〜F7)及びスネアドラム ※ただし、マレットやスティックは受験生自身で用意すること。

音楽実技録画審査用DVDについて

奨学生入試・一般入試[前期日程・後期日程]・センター試験利用入試[前期日程・後期日程]の受験者で、実技型を選択した際には、演奏を収録したDVDを提出することによって音楽実技の受験とします。
なお、収録方法は以下のように行い、出願書類に同封してください。

  • 誰が楽器や歌を演奏しているかが分かるように、顔の表情や楽器を演奏する手元が確認できるように収録してください。
  • 演奏する前に、自分の氏名と演奏曲目をカメラに向かって告げてください。
  • 収録媒体はDVD±R等で収録してください。
  • DVDは他の機器で再生可能になるように、必ずファイナライズをしてください。
  • 録画機器の音声はリミッター(オート)を外し、マニュアル音声で収録してください。
  • 声楽は伴奏付きで演奏することとします。なお、伴奏者の画像収録は必要ありません。
  • 声楽は正面から上半身を収録してください。
  • ピアノは横顔と指先、ペダルまで映るように収録してください。

※DVDには必ず氏名と高校名を記入してください。

※一般入試[前期日程]受験者で、センター試験利用入試[前期日程]を併願する受験者は、DVDを1枚提出することによって、センター試験利用入試[前期日程]の音楽実技としても扱います。([後期日程]も同じ)

教育学部 生涯学習学科 生涯スポーツ専攻を志願する場合の体育実技試験の内容は?

一般推薦入試で行われる体育実技試験の内容は以下のとおりです。

①マット運動〈倒立前転〜開脚前転〜前転足交差1/2ひねり〜開脚後転〜伸膝後転〉

②ラジオ体操

※受験者は、運動のできる服装、屋内用運動靴を用意してください。

造形学部 造形学科の鉛筆デッサンおよび想定デッサンとは?

造形学部 造形学科の鉛筆デッサンおよび想定デッサンの内容は以下のとおりです。

①鉛筆デッサン(一般推薦入試・自己推薦入試・社会人入試・帰国生入試)
鉛筆デッサンは、モチーフ台に用意された複数のモチーフを鉛筆でデッサンします。
セットされたモチーフを囲んでイーゼルを配置し、座席は抽選により決定します。

②想定デッサン(奨学生入試・一般入試[前期・後期]・センター試験利用入試[前期・後期])
想定デッサンは、モチーフがなく課題文のみの鉛筆デッサンです。
想定課題は基本的に想像力、発想力、イメージ能力、独創性などを問います。
課題から目の前にないもの(想定物)などを描き入れます。
目の前にモチーフが存在しないため、記憶力と表現力、日頃の観察力を要するものです。
具象的または抽象的な表現にしても、イメージを描く自由度は広い課題です。

【持ち物】
鉛筆(数種類・数本)、消しゴム、又は練りゴム等の鉛筆デッサンで使用する用具は各自で持参してください。ただし、M画用紙(B3判)、イーゼル、カルトンは試験室にセッティングしてあるものを使用します。

外国語学部 英米語学科の英語による面接とはどんな面接ですか?
外国語学部 英米語学科で行われる面接は以下のとおり英問英答を含む約15分程度の個人面接です。

〈英米語学科〉

面接は個人面接とし、はじめに英問英答による面接を約10分間行います。
そのあと日本語による面接を約5分間行います。面接時間は全部で約15分程度を予定します。
なお、面接のうち、英問英答の部分を次のように実施します。あらかじめ、トピックを示し、これに関して約10分程度の英問英答を行います。

  • トピックは“My Life”とします。
  • 英問英答(Q&A)では、なるべく具体的に答えてください。
  • Sample Questionsとしては例えば次のようなものが考えられます。参考にしてください。
    これはあくまでも例であり、実際の質問とは異なりますので注意してください。
My Family

Q.How many people are there in your family?

A.There are five of us: my mother, my father, my brother, my grandfather and myself.

Q.Is your brother a student?

A.Yes, he is. He is a junior high school student.

My School

Q.What is your favorite subject at school?

A.I like English the best because it is fun to communicate with people from other countries.

Q.Do you have a native English speaking teacher at your school?

A.Yes, we do. We have three teachers from Canada.

Q.Do you often talk to them?

A.Yes, I do. I often talk about movies and sports with them at recess.

My Interests

Q.What do you like to do in your free time?

A.I like to play soccer with my friends after school and on weekends.

Q.Are you a good soccer player?

A.I’m not so good, but I like to play soccer very much.

健康プロデュース学部 健康栄養学科の面接で行う口頭試問とはどのようなものですか?
高等学校で履修した化学基礎または生物基礎の内容より質問します。基礎部分を問いますので、教科書の内容を理解しておくとよいでしょう。
スポーツ推薦入試のスポーツ能力試験とは?
教育学部 生涯学習学科のスポーツ能力試験はソフトボールのセレクション(実技)を事前に行います。出願を希望する方は9月22日(金)までに静岡キャンパス入学センターまでご連絡ください。 健康プロデュース学部は高校時代の競技実績を書類にて審査します。

奨学生入試・一般入試・センタープラス入試・センター試験利用入試について

奨学生入試・一般入試の試験科目の選択は出願時に申請する必要がありますか?
事前登録制ではありませんので、試験科目は試験当日でも自由に選択できます。時間割上、受験可能な選択科目を複数受験した場合は、高得点の科目を合否判定に利用します。
なお、初等教育課程を志願する方で実技型を選択した場合の音楽実技と、造形学科を志願する方で鉛筆デッサン(想定デッサン)を選択する場合は出願時に申請してください。
センター試験利用入試で常葉大学個別の試験はありますか?
ありません。大学入試センター試験の結果と調査書等の提出書類を総合的に評価し判定します。ただし、造形学科の鉛筆デッサンを選択する方は個別の試験を設けています。出願時に選択してください。
奨学生入試・一般入試の試験当日は出願時に選択した教科型の科目数しか受験できませんか?
試験科目は当日自由に受験できます。出願時に選択した教科型(2教科型・3教科型など)の科目数にかかわらず、最大4科目を受験することが可能です。必須科目以外の選択科目は教科型に応じて高得点の科目を合否判定に利用します。なお、出願時に選択した教科型の変更はできません。
試験場はどこでも受験できますか?
奨学生入試・一般入試における試験場は最寄りの会場を選べます。出願する際、入学志願票に試験場を選択する箇所がありますので、出願する学部学科にかかわらず、受験しやすい会場を選択してください。ただし、出願時に希望した試験場を変更することはできないこと、会場の収容人数により希望の試験場では受験できない場合がありますのでご了承ください。
同一出願期間の複数入試(例:一般入試(前期)とセンター試験利用入試(前期))に出願する場合、1つの封筒にまとめてもよいですか?
まとめることは可能です。
出願期間が重なっている場合は出願書類をあわせて送付できます。調査書は1通で構いません。

共通事項

調査書は受験する都度、必要となりますか?1回の試験で複数学科を併願する際の調査書は1通でよいですか?
調査書は試験区分ごとに1通必要となります。1回の試験(試験区分)において、複数学科を併願する場合、調査書は1通で結構です。また、一般入試[前期・後期]・センタープラス入試、センター試験利用入試[前期・後期]など2つまたは3つに同時出願し、一つの封筒で郵送(持参)する場合も、調査書は1通で結構です。
一般入試[前期日程]は試験日が2日間ありますが、どちらを受験したらよいですか?
どちらか都合の良い日を選択して受験できます。試験問題が異なるため、2日間とも受験していただくことも可能です。
この場合、合否判定は1日目、2日目とそれぞれ行います。なお、入学検定料は各々の日程分が必要になりますのでご注意ください。
通常の志願票(紙)出願とネット出願の違いは?
AO入試、推薦入試、特別入試に出願する場合は、志願票(紙)での出願となります。願書セットに同封の出願書類を使用して出願してください。また、奨学生入試、一般入試[前期・後期]、センタープラス入試、センター試験利用入試[前期・後期]に出願する場合はすべてネット出願となります。ネット出願はインターネットから専用サイトにアクセスして登録内容を入力することにより志願票の代わりとなる「ネット出願提出シート」を印刷することができ、記入ミスを防ぐことが可能です。ただし、いずれの出願方法も書類の提出が必要です。なお、志願票(紙)出願とネット出願では入学検定料の支払方法(銀行・コンビニ・クレジットカード決済等)が異なりますので、入学試験要項等をよくご確認ください。
自宅にパソコンがない場合は、どうすればいいですか? [ネット出願]
自宅以外(学校や図書館等)のパソコンからも出願できます。
また、スマートフォンやタブレット端末からも出願できます。
メールアドレスは必要ですか? [ネット出願]
メールアドレスがなくても出願できます。
ただし、登録や検定料お支払い後の通知メールを受信したい場合はご用意ください。
プリンタは必要ですか? [ネット出願]
A4サイズの紙が印刷が出来る環境が必要です。
自宅にプリンタがない場合は、コンビニエンスストア等を利用し印刷してください。
出願後、入力した内容を変更することはできますか? [ネット出願]
入学検定料の支払い前であれば変更が可能です。
クレジットカード支払いの場合は、出願登録と同時に支払いが完了しますので変更ができません。ご注意ください。
入学手続きの1次手続と2次手続とは?
奨学生入試・一般入試[前期]・センタープラス入試・センター試験利用入試[前期]の入学手続きについて、他校(国公立大学を含む)の受験のために納付金の一部延納を希望される方は1次手続期間内に入学金のみを納付していただければ、残りの授業料等は2次手続期間まで延納することが可能です。また、1次手続期間内に一括して納付金を納めていだだくことも可能です。
一般入試(前期)で複数の学部学科に合格しました。
すでに手続きを行った学部学科から、他の学部学科に変更することはできますか?
入学手続後の変更はできません。入学する学部・学科の選択は慎重に行ってください。選択に迷うことがあれば、入学センター(TEL:054-263-1126)へお問い合わせください。
奨学生入試や一般入試[前期日程]で合格し、一旦入学手続きを済ませた後に、一般入試[後期日程]で別の学科を受験することは可能ですか?
受験は可能です。一般入試[後期日程]で別の学科に合格し、入学手続きする学科を変更したい場合は、入学時納付金の振替申請が必要となりますので、入学センターへお早めにご連絡ください。その際、入学時納付金に差額が生じた場合は、差額の徴収または返還をさせていただきます。
納付金を完納して入学手続きを済ませた後に他校への合格またはその他の事情により入学を辞退することは可能ですか?その場合支払った納付金は返還してもらえますか?
入学の辞退は平成30年3月31日までにご連絡をいただければ可能です。その後「入学辞退及び授業料等返還申請書」をご提出いただければ、入学金を除く授業料等につきまして返還させていただきます。
入学金はいかなる理由があっても返還できませんのでご了承ください。
詳しくは「入学試験要項」および合格通知に同封の「入学手続きについて」をご確認ください。

TOP