グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



短期大学部入試情報

ホーム > 短期大学部入試情報 > 音楽科入学試験について

音楽科入学試験について


専攻とコース

音楽科には、作編曲、声楽、ピアノ、管弦打楽器、総合音楽の5専攻があります。
作編曲 音楽全般の専門知識を修得するとともに一般的な教養も高め、音楽関係の就職はもとより、作曲家、編曲家としての活躍が期待できるような人材を養成します。
声楽 音楽全般の専門知識を修得するとともに、秀でた演奏技術や能力の向上を図り、演奏家としての活躍が期待できるような人材、あるいは実技指導等の音楽関係の職場に対応する人材を養成します。
ピアノ
管弦打楽器
総合音楽 音楽全般の専門知識を修得するとともに一般的な教養も高め、音楽関係はもとより、一般的な職種においても有用な人材を育成します。
声楽、ピアノ、管弦打楽器の3専攻には専門コースと演奏コースがあります。
声楽 入学後、コースを決めます。
演奏コース…演奏家としての活躍が期待できるような人材育成コース
専門コース…実技指導等の音楽関係の職場に対応する人材育成コース
ピアノ
管弦打楽器
総合音楽 1年次後期末試験により、声楽、ピアノ、管弦打楽器の各専攻への変更可能

試験科目

①音楽理論基礎力調査
 筆記試験で、内容は楽典です。
②専攻別実技
作編曲 2題出題(試験時間30分)
声楽 演奏
ピアノ
管弦打楽器
総合音楽 演奏
③その他の試験科目については、各入試のページで確認してください。

募集する楽器名

音楽科には、作編曲、声楽、ピアノ、管弦打楽器、総合音楽の5専攻があります。
専攻名 楽器名
声楽 声楽
ピアノ ピアノ
管弦打楽器 フルート、オーボエ、クラリネット、バスクラリネット、ファゴット、サクソフォン、トランペット、ホルン、ユーフォニアム、トロンボーン、バストロンボーン、チューバ、マリンバ、小太鼓、ヴァイオリン、コントラバス
総合音楽 声楽、ピアノ、フルート、オーボエ、クラリネット、バスクラリネット、ファゴット、サクソフォン、トランペット、ホルン、ユーフォニアム、トロンボーン、バストロンボーン、チューバ、マリンバ、小太鼓、ドラム、ヴァイオリン、コントラバス

各専攻実技科目

1. 作編曲専攻

与えられた3つの音高から始まる、8小節程度の旋律を創る。2題出題。試験時間は30 分。
イヤホーンあるいはヘッドホーンを使用して電子ピアノを使用できる。

2. 声楽専攻

(ⅰ)課題曲の中から2曲を選択し、当日試験官が指定する1曲を演奏する。
(ⅱ)自由曲については任意の1曲を選択して演奏する。(i)の中から、課題曲として選択しなかった曲を歌唱しても良い。
伴奏楽譜の提出について
課題曲2曲、自由曲1曲の伴奏用楽譜を1部ずつ提出する。
1ページ左上に受験者氏名、課題曲・自由曲の別を明記し、蛇腹折りに製本し、出願書類と共に出願用封筒に同封すること。
演奏についての注意
(ⅰ)
    ~イタリア歌曲~
  1. Caro mio ben (T. Giordani)
  2. Lasciar d’amarti (F. Gasparini)
  3. Nina (伝G. B. Pergolesi)
  4. Sento nel core  (A. Scarlatti)
  5. Se tu della mia morte (A. Scarlatti)
  6. Se tu m’ami (A. Parisotti?)
  7. Sebben, crudele (伝A. Caldara)
  8. Vergin, tutto amor (F. Durante)
    ~日本歌曲~(第1節まで)
  1. 赤とんぼ (山田耕筰)
  2. 夏の思い出 (中田喜直)
  3. 花 (瀧廉太郎)
  4. 浜辺の歌 (成田為三)

3. ピアノ専攻

(ⅰ)a. 練習曲、(ⅰ)b. バッハ、(ⅱ)ソナタの課題曲の中からそれぞれ1曲ずつ任意に選択して演奏する。
演奏についての注意
全ての課題曲は、繰り返し無しで暗譜で演奏すること。
(ⅰ) a.
  • ショパン:練習曲 Op.10, Op.25( ただし、Op.10-6, Op.25-7を除く)
  • ツェルニー:40 番練習曲、50 番練習曲、60 番練習曲
  • クラマービューロー:60 番練習曲
  • モシュレス:練習曲
  • クレメンティ:29 の練習曲 Op.70
  • モシュコフスキー:15 の練習曲 Op.72
(ⅰ)b.
  • バッハ:平均律クラヴィーア曲集(前奏曲とフーガ)、3声のシンフォニア、2声のインヴェンション
(ⅱ)
  • ハイドン:ソナタHob.XVI より、速い楽章(ただし、XVI-35C-dur を除く)
  • W.A. モーツァルト:ソナタより、第1楽章又は最終楽章(ただし、K.282 とK.545 を除く)
  • ベートーヴェン:ソナタより、速い楽章(ただし、Op.49-1, Op.49-2 及びOp.27-2 の第1楽章を除く)

4. 管弦打楽器専攻

各専攻楽器ごとに、下記の楽器別試験曲から課題曲(ⅰ)のa・b及び(ⅱ)を演奏すること。
楽譜の提出について
選択した曲の楽譜のコピーに受験者の名前を記入したものを2部用意し、入学志願票に添付して提出すること(必須)
演奏についての注意
  1. 全ての曲について、繰り返し無しで演奏すること。
  2. 任意の楽曲は、独奏又は伴奏付きの楽曲であること(但し、入試当日はピアノ伴奏は付かない)。練習曲でも可。
  3. 試験範囲は原則として全て演奏すること。任意のカットも認めない。但し、審査時間の都合上、演奏を途中で止めることがあるが、審査には影響はない。
  4. 課題曲は、難易度が準じているもの又はそれ以上のものも認める。
<楽器別試験曲>
フルート (ⅰ) a.【スケール】#・♭3つまでの長調、短調(和声的・2オクターブ)から各1つずつ当日指定
b.【エチュード】ケーラー:練習曲 第2巻より任意の1曲
(ⅱ) 「FLUTE MUSIC by FRENCH COMPOSERS」(SCHIRMER 社刊)より任意の1曲
オーボエ (ⅰ) a.【スケール】#・♭3つまでの長調、短調(和声的)から各1つずつ当日指定(暗譜)
b.【エチュード】課題は課さない
(ⅱ) 任意の楽曲または練習曲
クラリネット (ⅰ) a.【スケール】アイヒラー「クラリネットのためのスケール」(国立音楽大学出版社)より
#・♭3つまでの長調、短調から各1つずつ当日指定(1番のみ)
b.【エチュード】ローズ:32 の練習曲(Leduc 版)より任意の1曲
(ⅱ) 以下より1曲選択して演奏すること。
A. シュターミッツ:クラリネット協奏曲 第3番 変ロ長調より 第1楽章(出版社は自由)
B. クロンマー:クラリネット協奏曲 変ホ長調 作品36 より 第1楽章(出版社は自由)
バスクラリネット (ⅰ) a.【スケール】#・♭3つまでの長調、短調(旋律的・2オクターブ)から各1つずつ当日指定
b.【エチュード】ルビオ:25 の練習曲(MUSICA DIDACTICA)より任意の1曲
(ⅱ) ボザ:バラード(Southern Music 社)
ファゴット (ⅰ) a.【スケール】#・♭3つまでの長調、短調(和声的・2オクターブ)から各1つずつ当日指定
b.【エチュード】課題は課さない
(ⅱ) ヴァイセンボーン:ファゴット練習曲 第2巻 Op.8 No.1、No.10 より1曲当日指定
サクソフォーン (ⅰ) a.【スケール】#・♭3つまでの長所、短所(和声的)から各1つずつ当日指定
b.【エチュード】フェルリング:48 の練習曲(ミュール編、Leduc 版)より任意の1曲
(ⅱ) クレストン:ソナタOp.19 より任意の楽章
トランペット (ⅰ) a.【スケール】#・♭3つまで(実音では♭5~#1つ)の長調、短調(和声的)から各1つずつ
当日指定(暗譜)
b.【エチュード】コップラッシュ:60 の練習曲 第1巻のNo.1 ~ No.15 より1曲当日指定
(ⅱ) アーバン(全音楽譜出版社:旧版の場合):金管教本第2巻「12の幻想曲とアリア」NO.5 Variations on a song "Vois-tu la neige qui brille"(The Beautiful Snow)(129ページ)より主題部(テーマ)、Var. I及びVar.II
アーバン(全音楽譜出版社:ISR 版の場合):「12の幻想曲とアリア」5. Variations on a song "Vois-tu la neige qui brille"(The Beautiful Snow)「輝く雪の歌」による変奏曲(パート譜17ページ)より主題部(テーマ)、Variation I及びVariationII
ホルン (ⅰ) a.【スケール】A・B・H・C・Cis・D(実音)より、長調、短調(和声的・2オクターブ)から各1つずつ当日指定(暗譜)
b.【エチュード】コップラッシュ:60 の練習曲 第1巻 No.6 ~ No.9、No.15 より1曲当日指定(Carl Fischer 版または全音楽譜出版社)
(ⅱ) モーツァルト:ホルン協奏曲 第3番 変ホ長調 Kv.447 第1楽章(カデンツァ無し)(出版社自由)
ユーフォニアム (ⅰ) a.【スケール】#・♭3つまでの長調、短調(旋律的・1オクターブ)から各1つずつ指定
b.【エチュード】コップラッシュ:60 の練習曲 第1巻 No.3
(ⅱ) 任意の曲1曲(4分程度のもの)
トロンボーン (ⅰ) a.【スケール】#・♭2つまでの長調、短調(旋律的・1オクターブ)から各1つずつ当日指定
b.【エチュード】コップラッシュ:60 の練習曲 第1巻 No.2、No.3 より1曲当日指定
(ⅱ) ロッシュ:メロディアスエチュードNo.3
バストロンボーン (ⅰ) a.【スケール】#・♭2つまでの長調、短調(旋律的・2オクターブ)から各1つずつ当日指定
b.【エチュード】コップラッシュ:60 の練習曲 第1巻 No.3、No.7 より1曲当日指定(No.7は1オクターブ下げて演奏すること)
(ⅱ) ロッシュ:メロディアスエチュードNo.4(1オクターブ下げずに記譜通りで演奏すること)
チューバ (ⅰ) a.【スケール】#・♭3つまでの長調、短調(旋律的・2オクターブ)から各1つずつ当日指定
b.【エチュード】課題は課さない
(ⅱ) ボルドーニ:チューバのための43のベルカントスタディ No.1 ~ No.5より1曲当日指定
ヴァイオリン (ⅰ) a.【スケール】任意の調による1オクターブの音階並びにアルペジョ
b.【エチュード】ローデの奇想曲より任意の1曲
(ⅱ) 任意の協奏曲の第1楽章又は最終楽章
コントラバス (ⅰ) a.【スケール】任意の調による2オクターブの音階
b.【エチュード】課題は課さない
(ⅱ) 任意のソナタ第1楽章、第2楽章、または任意の協奏曲第1楽章のどちらかを選択
打楽器 (ⅰ) a. マリンバ:【スケール】#・♭3つまでの長調及び短調(和声的、旋律的両方・2オクターブ)から各1つずつ当日指定
b. 小太鼓:2つ打ち及び5つ打ち及びロール(P < ff > P)
※打楽器専攻者は、a.マリンバかb.小太鼓のどちらかを選択すること。
(ⅱ) a. マリンバ:任意の楽曲
b. 小太鼓:任意の楽曲

5. 総合音楽専攻

自由曲を任意選択して演奏する。
楽譜の提出について
選択した曲の楽譜2部(コピー可)に名前を記入し、入学志願票に添えて必ず提出すること。(必須)
演奏についての注意
全ての曲について繰り返し無しで演奏すること。

入試に関するお問い合わせ

常葉大学 入学センター

054-263-1126