グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



オープンキャンパス・イベント

学部関連



教育学部

なぜ「教育の常葉」と言われるの?

― answer ―
学部開設以来40年間で培ったノウハウを活かし、毎年多くの教育現場を支える人材を輩出していることで、今では「教育の常葉」と言われるまでの学部となっています。教育学部附属橘小学校との連携により、1年次から教育の現場を体験することで、教員になる意識や教育実習に向けての準備ができます。


教育学部の進路は「教員」以外にもありますか?

― answer ―
教育学部の就職率は97.4%。生涯学習学科、心理教育学科の卒業生の多くは、取得した資格や学科での学びを活かして、市役所などの地方公務員、図書館や教育相談センターなどの施設職員、財団法人や社会福祉法人などの団体職員として活躍しています。また、教育・学習支援業をはじめ、さまざまな業種の民間企業にも就職しています。(2022年4月1日現在)


外国語学部

ネイティブな外国語に触れる環境がありますか?

― answer ―
外国語学習支援センターがあり、ネイティブスピーカーと会話が楽しめます。またここには学生TA(ティーチング・アシスタント)と呼ばれる3・4年生の先輩も在籍。授業のことや留学のことについて親身に相談にのってくれます。


留学って、どのくらいの人が行っていますか?

― answer ―
2019年度には65名が留学・海外研修に行きました。長期留学をしても休学せずに4年間で卒業できるなど、さまざまな支援や奨学金制度が用意されています。また留学経験のある学生TAや教員に相談できるので安心して留学に臨むことができます。


経営学部

「体験型プロジェクト」で今まで行った活動を教えてください。

― answer ―
「浜松商工会議所」が浜松の地元食材を使って地元事業者と開発した商品『はままつプレミアム』を紹介する公式ホームページの立ち上げ。「浜松・浜名湖ツーリズムビューロー」と連携した浜名湖の旅行周遊プランの考案。マーケティングやプロモーション活動を学ぶため、「松坂屋静岡店」や「マークイズ静岡」のSNSページ作成に参加。他学部とのコラボ企画など、活動は多岐にわたります。


経営学を学んだ後の将来について、何をしたいのかわかりません。就職、大丈夫でしょうか。

― answer ―
大丈夫です!1年次から履修する「キャリア開発論」では、自分自身を知り、社会の中でどのように自分自身を活かせるのかを学び、自身の職業観を養います。また、インターンシップ参加やゼミ活動を通して実践の中から適性を知ることもできます。4年間かけて将来へのサポートをしていきます。


社会環境学部

社会環境学部では、どんなことを学びますか?

― answer ―
地球環境や防災を巡る問題と解決法を専門的に学ぶ全国でも珍しい学部です。富士山周辺の生態調査や地質調査、湧水の水質調査、地震や津波などの自然災害に関する調査や研究を行い、さまざまな実践型授業を通して、環境保全や災害対応などに活用できる知識と技術を修得します。


どんな教科の教員を目指すことができますか?

― answer ―
環境・自然再生コースでは「中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)」の取得が可能です。本学部の卒業生が各地で理科の教員として活躍していますよ!


保育学部

私は人前で話すのが苦手なので保育者に向いているか心配です…。

― answer ―
大丈夫です。初めは不安をもつ学生もいますが、実習を通して、自然体で接することができるようになります。ミュージカルや絵本の読み聞かせなど、まずは一緒に楽しんで学んでいきましょう。


4年制大学で取得可能な資格を教えてください。

― answer ―
「幼稚園教諭一種免許状」の取得が可能です。幼稚園の園長や経営者、講師や教師といった養成学校の指導者を目指したい人は取得しておくと有利な資格です。また「保育士資格」も取得できます。


造形学部

造形学部でどのような授業が受けられるのか興味があります!

― answer ―
造形学部は、アート領域、デザイン領域でそれぞれの専門性を深められる授業が設定されています。例えば、創る技術を学ぶ科目や、地域の課題を解決する科目、企業と連携して商品開発を行う科目などがたくさん。ぜひオープンキャンパスで体験してください。


専門分野ごとに、どんな就職先がありますか?

― answer ―
アート領域では中・高等学校の美術教員へ、デジタルやコミュニケーションデザイン領域では県内外のICT大手企業や、地域のデザイン制作会社へ、また環境デザイン領域では建築設計事務所や住宅・メーカーなどへの就職実績が豊富です。


法学部

六法全書はすべて覚える必要がありますか?

― answer ―
条文をすべて覚える必要はありません。法学部での学びは法律を覚えることがすべてではなく、「法的な考え方」を身につけることを目的としています。知識の修得にとどまらず、実践的な政策提言、法律の活用方法について学びます。


法学を学ぶメリットってどんなところですか?

― answer ―
「法学」を学ぶことで、社会の仕組みを知り、法の知識を活用して、さまざまな疑問や問題について考え、法的知識に基づいた判断ができるようになります。
仕事や日常生活などあらゆる場面で役に立つ知識を修得できます。


健康科学部

国家試験の合格は難しいですか?

― answer ―
難易度に関わらず、看護師や理学療法士として働くには必ず突破しなければならない壁です。しかし看護学科・静岡理学療法学科ともに試験に合格するための段階的なサポート体制が整っています。1年次に自ら学ぶ学習習慣を身につけ、4年間で模擬試験や実習経験を重ねることで自分の実力や弱点を把握します。不安な点は教員や先輩に相談しながら、仲間と共に対策をしていきます。


自分より大きい人の体を動かすのって大変じゃないですか?

― answer ―
体の動かし方のコツなど、看護や治療に必要なさまざまな技術を学ぶことができるので、自分より体の大きな患者さんを担当することになっても大丈夫です。


健康プロデュース学部

取得できる資格はどんなものがありますか?

― answer ―
教員免許は、中学・高校教諭(保健体育)、幼稚園教諭、栄養教諭。受験資格が得られる資格は、管理栄養士、はり師、きゅう師、柔道整復師、アスレティックトレーナーなど。取得可能な資格は、栄養士、保育士、初級障がい者スポーツ指導員、ネイチャーゲームリーダーなどがあります。学科によって取得できる資格が異なるため、ガイドブックや本学ホームページで確認してください。


健康プロデュース学部の学びの特長を教えてください。

「健康をプロデュースしていく」という新しい発想の専門家養成を目指すため、栄養・幼児教育・スポーツ・医療、それぞれの専門の分野から現代の健康科学の新しい視点を学びます。1年次に履修する「健康プロデュース概論」で、現代社会に求められているさまざまな健康観について考えていきます。


保健医療学部

臨床実習の病院や施設はどのように決められるのですか?

― answer ―
学生の居住地等を考慮したうえで、教員が実習先を決めています。実習施設は、静岡県西部地区の病院や施設が中心ですが、静岡県中部・東部地区、愛知県にも実習施設があります。


国家試験に合格できるか不安なのですが・・・

― answer ―
1年次から段階的に「学びのコツ」を身につけていきます。4年次の国家試験対策では、「チームで全員合格」を合言葉に少人数のチームを作り、10年分の過去問題を把握することを目標にしています。1人では難しい学びの継続も、チーム内での学び合いによって最後まで士気を高めていきます。


入試に関するお問い合わせ

常葉大学 入学センター

054-263-1126