在学生Voice Vol.06

グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



キャンパスライフ

在学生Voice Vol.06

この学科を選んだ理由を教えてください。

私は将来「公務員」になることを目標としています。
常に法律を意識して行動しなければならない公務員になるためには、学生の時から法律の存在を身近に感じる必要があると考え、法学部を選びました。法律を学ぶことで物事を見る視野が広がり、法的なものの考え方が身につき、それらは自分の意見に自信を持つ材料の一つになると思っています。
自分の意見に自信を持つことは、将来、社会人として自立することにつながると思ったことも法学部を選んだ理由です。

画像:在学生Voice

講義ではどんなことを学んでいますか?

1年次は一般教養の講義も受けますが、必修科目として少人数ゼミナール形式の「法学・政策学基礎演習Ⅰ」の講義があり、法律や政策の考え方なども学びます。
2年次は進路や目標に合わせた科目を選択し、より広く深く法律について学ぶとともに、政治や経済についても理解を深めていきます。 2年次の「法学・政策学基礎演習Ⅱ」という少人数ゼミでは、地域資源を活かした静岡市の活性化についての政策提言を行いました。大学周辺の地域に残る歴史的価値のある資源について、インタビューを行ったり、自分たちで調べたデータをもとにマップを作ることで、自分の住む地域を見つめ直すきっかけになりました。

画像:在学生Voice

学生生活はいかがですか?

講義以外の時間もさまざまなことを体験することができ、とても充実しています。 2014年の夏休みには小山町役場のインターンシップに参加させていただきました。 幅広い役場の業務をお手伝いさせていただいたり、町民の皆さんと直接交流したりすることができ、とても楽しく充実した時間を過ごすことができました。その経験を大学生活や自分の将来に活かしていきたいと思っています。
また、商店街の夜店市でのボランティア活動では、学生である私たちでも地域の活性化に関わることができるのだと実感することができました。 ボランティア活動を通じて、「法学・政策学基礎演習Ⅱ」で学んだ静岡市の商店街の活性化政策について、より深く理解することができました。

画像:在学生Voice

卒業後の進路、将来の目標を教えてください。

夏休みの参加した小山町役場のインターンシップでの経験を通して、公務員の仕事により興味を持つことができました。 また、ゼミで地域資源について学んだり、ボランティアなどで地域の活性化に関わったりすることで、地域の活性化に携わりたいとより一層強く思うようになっています。
将来は、地方公務員になって、市民の方々と一緒に地域の活性化について考える仕事をしていきたいと考えています。

画像:在学生Voice

常葉大学はどんな大学ですか?
受験生のみなさんへのメッセージをお願いします。

私は法律を学んだことで、自分の知識が広がり、さまざまなことに興味を持つようになりました。常葉大学法学部の学生が通う静岡キャンパス水落校舎は、静岡市街の中心部に近いため、交通の便が良く、近くに県庁や市役所、裁判所など法律に関係した機関が多くあります。
そうした機関が近くにあることで法律をより身近に感じることができ、法律の勉強にもより精が出ます。また、学内での勉強だけでなく、放課後には友達と近くの大型商業施設に遊びに行くこともあり、とても充実した大学生活を送っています。

画像:在学生Voice

在学生Voice INDEX


  • 資料・願書請求
  • イベント情報

TOP