Close up 陸上競技部

グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



キャンパスライフ

Close up 陸上競技部

2003年4月に創部した常葉大学陸上競技部は、監督の里大輔先生の指導のもと、部員それぞれの力を最大限発揮できるように、日々トレーニングをしています。
チームや競技者としての目標を成し遂げるだけでなく、自らの人生や大学生活に対して、本気で取り組んでいることも陸上部の大きな特徴です。
練習は主に、常葉大学有玉グランドで行っています。毎日の練習をオールウェザートラックで行えて、大学のウェイトルーム施設やアスレティックトレーナーサークルとの連携のもと、学生トレーナーのサポートを受けるなど、恵まれた練習環境が実現されています。 部員は皆、これに感謝の気持ちを持ち、アスリートとしての努力をすると共に、4年間の“大学陸上競技"を通して、社会で輝ける人になるために様々なことを学びながら、成長を続けています。 陸上競技部WEBサイトへ

主な大会成績

・全国大会入賞9回 (100m・200m・三段跳)

・日本インカレ11年連続出場

・東海陸上競技選手権大会 4×100mリレー優勝

・東海学生陸上競技対抗選手権大会 優勝 10回


活躍する先輩に聞きました

入部した理由を教えてください。

「継続は力なり」と言いますが、陸上競技を通じて、競技者としての“力"だけでなく、社会人としての“力"を身に付けている部員が多いです。
学生が大人に成長していく大事な過程を、部活動を通じて磨き込んでいくことで、人としての価値が高められているのかもしれません。ここに魅力を感じて入部した人が多いと思いますし、私も陸上部の一員であることに誇りを感じています。

画像:クラブ・サークル活動

クラブの雰囲気はいかがですか?

時と場合に応じた、ONとOFFの切り替えが上手な集団です。練習や試合の中で集中すべき時の選手一人ひとりが作り出す空気の緊張感や集団の雰囲気は、まさにアスリートが出すそれと同じものがあると思います。
しかし普段の学校生活や練習後などは、その場に応じた雰囲気作りのメリハリがはっきりとしていることも、陸上競技部の特徴です。

画像:クラブ・サークル活動

画像:クラブ・サークル活動

画像:クラブ・サークル活動

受験生へのメッセージ
またはPRをお願いします。

受験生の皆さんは、「どこの大学に行くのか。大学で何をするのか。」といった不安でいっぱいかと思います。 しかし最も重要なことは、「行った先で自分が何をするのか。」だと思います。自分自身に強い信念やブレない志があれば、どこへ行こうとも成功します。 そして、「何をするのか」を見つけに来るのも大学だと思います。大学入学はゴールでなく通過点です。
4年間の大学生生活を充実したものにして、大きくステップアップしたい人にここ常葉大学、そして常葉大学陸上競技部が向いていると思います。

画像:クラブ・サークル活動

Club/Circle Close-up INDEX


  • 資料・願書請求
  • イベント情報

TOP